ここ数年の間に、北朝鮮で起きている人権侵害は国際社会での主要なイシューになった観がある。国際社会が北朝鮮で起きている人権侵害に関心を持ち始めたのは、冷戦末期の1980年代末になってからだった。そして、1994年7月の故金日成主席の死去と前後して始まった大混乱期「苦難の行軍」において、内部からの情報の噴出が起きる。中国や韓国に逃れてきた脱北者の証言によって、北朝鮮社会の実態が伝わり始めたのだ。

筆者も1993年から「救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク(RENK)」でのNGO活動を通じ、金日成・金正日の両体制による人権侵害を訴えてきた。だが当初、人権侵害の事例を集めるのは簡単なことではなかった。何より、公開処刑などの残忍さに圧倒され、「そこまでやるのか」となかなか実態が飲み込めなかった。

(参考記事:謎に包まれた北朝鮮「公開処刑」の実態…元執行人が証言「死刑囚は鬼の形相で息絶えた」

全体像がつかめない中で断片的な証言をまとめていく作業は、さながら難解なパズルのようだった。