人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

両江道の別の情報筋によると、612常務は咸鏡南道(ハムギョンナムド)の検閲を行う際、咸興(ハムン)市の党委員会責任委員長と勤労団体委員長の家の家宅捜索を行なった。その結果、党委員会責任委員長は更迭に追い込まれた。ところが、本来なら必要ではるはずの組織指導部の許可を得ていなかったことが判明した。

本来なら「党に対する挑戦」として厳しく処罰されるはずの手続き無視、越権行為を平然と行なったことに対して、党幹部から激しい反発の声が上がった。

保衛省は後日、金正恩氏から厳重な警告を受けた。

他の部署の幹部たちは、また粛清の血の嵐が吹くのではないかと、保衛省に対する検閲を震えながら見守っている。同時に、保衛省のトップとして君臨し絶大な権力を誇っていた金元弘(キム・ウォノン)氏が、金正恩党委員長に睨まれたせいで検閲を受けているのだろうと噂しているという。

    関連記事