米国の有力シンクタンク・戦略国際問題研究所(CSIS)が運営する北朝鮮情報サイト「ビヨンド・パラレル」は12日、北朝鮮国民の10人中9人が少なくとも月に1度は外国から流入した情報に接しているとの調査結果を掲載した。

調査は、北朝鮮に在住する36人を対象に行われたという。それによると、このうち6人は毎日、12人は週に1度、15人は月に1度、外国の情報を見ているという。

女子大生も拷問

サンプルの数が少ないような気もするが、海外情報が流入しやすい中朝国境だけでなく、平壌を含む10カ所で分散して調査を行った点は評価できる。もちろん、この手の調査に北朝鮮当局が協力することなどあり得ず、極秘で行わなければならない。露見すれば、関係者は処刑や政治犯収容所送りなどの厳罰を免れないだろう。

この調査で興味深いのは、回答者のうち32人が外国から流入した情報は有用であると答え、さらに30人が、そうした情報が自分の人生に大きな影響を与えていると答えたことだ。

彼らがどのような外国情報を見ているかは詳らかでないが、おそらくは言語を同じくする韓国から流入した情報の比率が高いと思われる。中でも、最もよく見られているのは韓流ドラマであるはずだ。

ある脱北者の女性が語っていたのだが、韓流ドラマを見て最も衝撃的だったのは、登場人物たちが入浴したりシャワーを浴びたりする場面だったという。電気も燃料も足りない北朝鮮の田舎では、風呂に入るのも一苦労である。それなのに韓流ドラマの登場人物たちは、熱い湯を大量に、文字通り「湯水のように」使ってシャワーを浴びている。

「私あんな生活をしてみたい!」

このような欲求を覚えて以降、それは日増しに強くなり、遂にはどうにも抑えられなくなったという。

北朝鮮のような最悪の思想統制国家にあっても、人間は、人間らしさを求める欲求を失うことはないのだろう。だからこそ、北朝鮮の人々は拷問や処刑のリスクを冒しながら、外国の映画やドラマを見ることを止めようとせず、一部の人々は命がけで脱北を試みるのだ。

とりわけかの国の女性たちは、男尊女卑の悪習もあって、人権面で過酷な状況に置かれている。近年、脱北者の大部分は女性で占められているのは、外国情報から受けるインパクトが、男性に比べて大きいものがあるのかもしれない。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事