北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、「水産部門の幹部と漁労工が、魚を満載した船の汽笛の音を高らかに響かせていく熱意に満ちている」としながら水産部門の活性化を促す記事を配信した。

記事は、水産省のパク・インゴン局長のコメントを紹介。パク局長は「元帥の新年の辞を心に刻み付けた省の公務員たちは年頭から東海と西海の水産事業所に出向いた。今、水産部門の幹部と漁労工の熱意はたいへん高い」と述べた。

また、「省では、70日間キャンペーンと200日間キャンペーンで昨年の漁獲目標を超過遂行した人民軍の黄金の海の歴史の創造者の闘争精神を見習って今年、必ず大漁をもたらすための経済手配と指揮を綿密にしている」と主張した。

そのうえで、「漁期別、魚種別漁獲のための作戦を綿密に立てて水産事業所で出漁日数を高い水準で保障し、養魚と養殖も根気よく推し進める」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

魚を満載した船の汽笛の音を高らかに響かせていく熱意に満ちている水産部門の幹部と漁労工

【平壌1月7日発朝鮮中央通信】最高指導者金正恩元帥の歴史的な新年の辞に接した水産部門の幹部と漁労工が、魚を満載した船の汽笛の音を高らかに響かせていく熱意に満ちている。

水産省のパク・インゴン局長は、元帥の新年の辞を心に刻み付けた省の公務員たちは年頭から東海と西海の水産事業所に出向いたとし、次のように述べた。

今、水産部門の幹部と漁労工の熱意はたいへん高い。

省では、70日間キャンペーンと200日間キャンペーンで昨年の漁獲目標を超過遂行した人民軍の黄金の海の歴史の創造者の闘争精神を見習って今年、必ず大漁をもたらすための経済手配と指揮を綿密にしている。

すべての水産事業所で積極的な漁労作業を展開する万端の準備を一つ一つ整えている。

新浦遠洋水産連合企業所をはじめとする東海地区の各水産事業所では、冬季漁獲条件に合う漁具を十分に備えて海へ進出した。

文徳水産事業所と漢川水産事業所、加馬浦水産事業所など、西海地区の水産事業所でも多くの魚を捕るための綿密な対策を講じている。

水産業の科学化を促すことに省全体の力を集中すると同時に、漁期別、魚種別漁獲のための作戦を綿密に立てて水産事業所で出漁日数を高い水準で保障し、養魚と養殖も根気よく推し進める。

    関連記事