北朝鮮の労働新聞は4日、昨年の朝鮮労働党第7回大会で提示された「国家経済発展5カ年戦略」の遂行に総力を集中すべきとする社説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

社説は、「最高指導者金正恩元帥の賢明な指導があるので、経済強国建設の勝利は確定的であるという鉄石の信念を持たなければならない」と指摘。

また、「すべての党員と人々は、元帥が指し示す道はすなわち、勝利と栄光の道であるという確信を持って国家経済発展5カ年戦略遂行のための闘いで党の思想貫徹戦、党政策擁護戦の炎をいっそう激しく燃え上がらせなければならない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」勝利の信念を持って国家経済発展5カ年戦略の遂行に総力を集中しよう

【平壌1月4日発朝鮮中央通信】4日付の「労働新聞」は社説で、すべての党員と人々は朝鮮労働党の意図通りに国家経済発展5カ年戦略の遂行に総力を集中していくことによって、世紀を先取りしながら最後の勝利に向けて嵐のごとく前進するチュチェ朝鮮の気概と本領を高く宣揚していかなければならないと明らかにした。

社説は、最高指導者金正恩元帥の賢明な指導があるので、経済強国建設の勝利は確定的であるという鉄石の信念を持たなければならないとし、次のように指摘した。

元帥は新年の辞で5カ年戦略遂行の近道を明示し、今年、国の経済全般をより高い段階に引き上げるための戦闘目標をはっきり提示した。

すべての党員と人々は、元帥が指し示す道はすなわち、勝利と栄光の道であるという確信を持って国家経済発展5カ年戦略遂行のための闘いで党の思想貫徹戦、党政策擁護戦の炎をいっそう激しく燃え上がらせなければならない。

5カ年戦略の目標を達成するための全人民総突撃戦で自力自強の威力を最大に噴出させなければならない。

    関連記事