韓国に亡命した北朝鮮のテ・ヨンホ前駐英公使が、ソウル市内の某所で19日に行われた韓国の与野党幹部との懇談会で、次のように説明したという。

北朝鮮では地位が上がるほど、監視が強まり自宅内の盗聴が日常化されている。玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)元人民武力部長(韓国の国防部長官に相当)が処刑されたのも、自宅での失言が原因だった――。

(参考記事:玄永哲氏の銃殺で使用の「高射銃」、人体が跡形もなく吹き飛び…

「ブタ」呼ばわり

また、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が22日に伝えたところでは、北朝鮮の高級幹部らは30分単位で監視されているという。

    関連記事