北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、「『拉致問題』を口実にして反共和国人権騒動に狂奔している」と日本を非難する論評を配信した。

論評は、福岡県久留米市で行われた拉致問題をテーマにした人権討論会で、「日本政府が『北朝鮮に拉致』された日本人を相手にするラジオ短波放送の短波数を2017年からもっと拡大する計画であるということを発表した」と指摘。

また、6月と11月に特定失踪者に認定されていた2人が見つかったことに言及しながら、「日本の反動層が日本社会の拉致犯罪の現実を覆い、過去に働いた特大型の拉致、強制連行犯罪を葬り、解決済みの『拉致問題』を過去清算回避のための素材にしようとする厚顔無恥な妄動のほか、何物でもない」と強調した。

さらに、「過去、日本は840万余人に及ぶ朝鮮の青壮年を強制連行して中世的奴隷労働を強要し、侵略戦争の弾除けとして犠牲させ、100余万人に逹する朝鮮人を無残に虐殺した。20万人の朝鮮女性を戦時、日帝野獣の性のなぐさみものにして青春と貞操を踏みにじった」と主張した。

そのうえで、「『拉致問題』をけん伝する日本の目的こそ、世界の視線をわれわれに集中させ、自分の人権罪悪を葬ろうとするところにある」と非難した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

過去清算回避のための厚顔無恥な妄動 朝鮮中央通信社論評

【平壌12月23日発朝鮮中央通信】日本が「拉致問題」を口実にして反共和国人権騒動に狂奔している。

去る16日、福岡県久留米市では「北朝鮮による拉致被害者を救出」するという名目の下で政府などが主催した「人権討論会」が行われた。

それから3日後、日本の内閣官房長官は日本政府が「北朝鮮に拉致」された日本人を相手にするラジオ短波放送の短波数を2017年からもっと拡大する計画であるということを発表した。

これは、日本の反動層が日本社会の拉致犯罪の現実を覆い、過去に働いた特大型の拉致、強制連行犯罪を葬り、解決済みの「拉致問題」を過去清算回避のための素材にしようとする厚顔無恥な妄動のほか、何物でもない。

日本が「拉致」をけん伝して反共和国人権騒動を執ように起こしているのは鉄面皮の極みである。

近年、国内でわれわれに「拉致」されたとしていた行方不明者らが連続発見され、今年だけでも数人が発見されたのは言うまでもなく、わずか1カ月前にも「北朝鮮拉致特定失踪者」がまた現れて世界に恥をかいた日本である。

去る6月、福井県警察は1997年にわれわれに「拉致」された可能性を否定できないとしていた特定失踪者のミヤウチ・カズヤ(失踪当時32歳)を国内で発見したと明らかにし、去る12月1日、東京警視庁公安部は1985年2月、東京都江戸川区で行方不明になって「北朝鮮に拉致された可能性を排除することができないと認められたカツキ・マサノリ(68歳、行方不明当時36歳)が11月下旬、国内で発見された」と発表した。

日本こそ拉致の本山であり、特大型の拉致犯罪国として「人権」を論じる初歩的な資格もない国である。

過去、日本は840万余人に及ぶ朝鮮の青壮年を強制連行して中世的奴隷労働を強要し、侵略戦争の弾除けとして犠牲させ、100余万人に逹する朝鮮人を無残に虐殺した。

20万人の朝鮮女性を戦時、日帝野獣の性のなぐさみものにして青春と貞操を踏みにじった。

このような特大型の反人倫犯罪行為に対して誠実な反省もしていない日本の反動層は、その分際で鉄面皮にも自分らを「被害者」に描写し、「拉致問題の解決なしには過去清算をできない」とまでやたらに言い触らしている。

日本は現在、「拉致問題」を口実にして始めた対朝鮮制裁措置を毎年延長して反共和国策動の先頭に立っており、過去、日本が働いた前代未聞の反人倫犯罪を清算すべきだという国際社会の声に顔を背け、謝罪と賠償を回避している。

「拉致問題」をけん伝する日本の目的こそ、世界の視線をわれわれに集中させ、自分の人権罪悪を葬ろうとするところにある。

愚かである。

過去清算は決して、してもしなくても済むそのような性格の問題ではない。

日本が過去の犯罪をあくまで否定し、過去働いた侵略と略奪の厳然たる歴史を闇に葬ろうと術策を弄するほど、道徳的に低劣で、鉄面皮なざまを国際社会にさらにはっきりさらけ出すだけである。

日本は大勢の流れを直視し、過去清算を回避しようとする下品な劇を直ちにやめるべきである。

    関連記事