在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央常任委員会は17日、金正日総書記の5周忌に際して金正恩党委員長に手紙を寄せた。同日、朝鮮中央通信が報じた

同通信によると、手紙は金正日氏を「崇高な愛族・愛民で全同胞を自主統一と平和・繁栄の道へ導いた祖国統一の救い星であり、人類の自主化偉業に不滅の貢献をした世界政治の元老である」と激賞した。

また「総聯を愛族・愛国の先覚者、愛国・衷情の模範、海外同胞組織のモデルに発展させた卓越した指導者であり、総聯と在日同胞の運命の守護者である」と称賛した。