北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、韓国与党であるセヌリ党に対して「朴槿恵と共に民族の峻厳な審判を受けなければならない天下にまたといない逆賊の群れである」と非難する論評を配信した。

論評は、「南朝鮮で朴槿恵退陣と共に『セヌリ党』の解体を求める闘争が激しく展開されている」と指摘。

また、セヌリ党が「李承晩逆徒の『自由党』としてその醜悪な存在を現した時からこんにちに至るまで、『民主共和党』『民正党』『民自党』『新韓国党』『ハンナラ党』に表札を変えて反民族的売国の恥ずべき罪悪の行跡をつないできた。それはそのまま、事大・売国とファッショ独裁、反人権的悪行で塗られている」と主張した。