北朝鮮の労働新聞は13日、韓国軍上層部が「とんでもない言い掛かりをつけながら、『強力かつ断固とよう懲』しろという戦争暴言を吐いている」と非難する署名入りの論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「『挑発への備え』の看板を掲げて北侵戦争策動を強めながら、任意の時刻に新たな戦争の導火線に火をつけようとするのが米国とかいらい一味の腹黒い下心である」と指摘。

また、「白頭山革命強兵は外部勢力のそそのかしの下で北侵戦争策動に血眼になって狂奔するかいらい逆賊一味を敵撃滅の照準鏡内に入れて敵の蠢動を鋭く注視している」と強調した。

そのうえで、「いささかの慈悲も施さないわが軍隊の断固たる焦土化によって懲罰を受けるのはほかならぬかいらい自身である」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 外部勢力と結託して北侵戦争策動に狂奔する南朝鮮のかいらい好戦狂らに警告

【平壌12月13日発朝鮮中央通信】国防部の長官、合同参謀本部の議長をはじめとする南朝鮮のかいらい軍部上層は毎日のように軍事境界線一帯の前方部隊に現れて「奇襲的挑発恣行」だの、何のと言ってわれわれにとんでもない言い掛かりをつけながら、「強力かつ断固とよう懲」しろという戦争暴言を吐いている。

一方、西海のホットスポット水域で大規模な砲実弾射撃訓練を強行したかいらい好戦狂らは、先日には誰それの「大規模の奇襲攻撃状況」に備えるとけん伝しながら、米帝侵略軍の空軍武力と共に「ビジロント・エース」合同軍事演習をヒステリックに強行した。

13日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは「安保危機」「安保不安」づくりで民心の耳目をよそにそらし、活路を開いてみようとする哀れな身もだえであると嘲(ちょう)笑した。

論評は、「挑発への備え」の看板を掲げて北侵戦争策動を強めながら、任意の時刻に新たな戦争の導火線に火をつけようとするのが米国とかいらい一味の腹黒い下心であると暴露した。

また、日を追ってひどくなる危機免れを狙ったかいらい好戦狂らの無分別な空威張りがどの瞬間に北侵戦争につながるか知れないとし、次のように強調した。

今、白頭山革命強兵は外部勢力のそそのかしの下で北侵戦争策動に血眼になって狂奔するかいらい逆賊一味を敵撃滅の照準鏡内に入れて敵の蠢(しゅん)動を鋭く注視している。

いささかの慈悲も施さないわが軍隊の断固たる焦土化によって懲罰を受けるのはほかならぬかいらい自身である。

かいらいは、「安保危機」騒動で世論をまどわし、外部勢力と共に北侵戦争策動にヒステリックに執着するのが、むしろ自分らの終局的滅亡を招く愚行であるということを銘じて、むやみにのさばってはいけない。

    関連記事