北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は11日、朝鮮中央通信社とのインタビューで、国連安全保障理事会が9日に北朝鮮の人権問題に関する緊急会合を開いたことに対して「国連舞台でまたもや起こされた米国の反共和国『人権』騒動をわれわれに対する悪らつな敵対行為として強く断罪、糾弾する」と非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

スポークスマンは、「最近、米国とその追随勢力は国連安保理の公開会議でありもしないわれわれの『人権問題』を強圧的に上程、討議する行為を働いた」と指摘。

さらに、「米国が国連憲章と多くの国の反対を無視し、投票機械をかき集めてわれわれの『人権問題』を国連安保理に上程させる不法な行為を働いたのは、国連とその加盟国に対する露骨な愚弄、冒とくである」と主張した。

そのうえで、「われわれは、敵対勢力の反共和国『人権』騒動をいささかも許さず、断固たる超強硬対応でそれを徹底的に粉砕するであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人、国連舞台でまたもや起こされた米国の反共和国「人権」騒動を糾弾

【平壌12月11日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは、米国がわれわれの「人権問題」を国連安保理に上程させて論議したことに関連して11日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

最近、米国とその追随勢力は国連安保理の公開会議でありもしないわれわれの「人権問題」を強圧的に上程、討議する行為を働いた。

われわれは、国連舞台でまたもや起こされた米国の反共和国「人権」騒動をわれわれに対する悪らつな敵対行為として強く断罪、糾弾する。

米国が国連憲章と多くの国の反対を無視し、投票機械をかき集めてわれわれの「人権問題」を国連安保理に上程させる不法な行為を働いたのは、国連とその加盟国に対する露骨な愚弄、冒とくである。

今回、国連安保理の複数の加盟国が会議で「問題」の討議自体に反対したのは国連安保理に人権問題を上程させることを排撃する絶対多数の発展途上国の一致した立場の反映である。

国連には、人権理事会をはじめテーマ別理事会が厳然と存在している。

にもかかわらず、米国が人権とは全く無関係な国連安保理にわれわれの「人権問題」を強圧的に上程させたのは安全保障理事会が米国の強権と専横、独り舞台が乱舞し、国連憲章と国際法の上に君臨する所であるからだ。

諸般の事実は、国連安保理が世界の平和と安全保障に責任を持つべき自分の固有な使命を喪失して米国に盗用される「総合理事会」「万能理事会」に転落しており、安全保障理事会の改革がこれ以上、先送りできない差し迫った時代の要求であるということを再び刻み付けさせている。

敗者の苦杯をなめて近く政権のポストから退くようになるオバマの手先が国連安保理であえてわれわれの最高の尊厳に言い掛かりをつける妄動を振るい、わが共和国の対外的イメージに泥を塗って反共和国圧迫の雰囲気を鼓吹しようと策動したが、それがわれわれや他国に通じると思うなら、それより大きな誤算はない。

われわれは、敵対勢力の反共和国「人権」騒動をいささかも許さず、断固たる超強硬対応でそれを徹底的に粉砕するであろう。

    関連記事