北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は9日、朝鮮中央通信社とのインタビューで、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)が離散家族問題の報告書を発表したことに対し、「誰それを『拉致』したなどと言うあらゆるねつ造資料を列挙しながらわが共和国に言い掛かりをつけた」と非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

スポークスマンは、「(OHCHRが)南朝鮮当局がつくり上げた虚偽とねつ造で一貫した反共和国『報告書』発表を強行したことをわが共和国に対する敵対行為とらく印を押し、『報告書』を断固排撃する」としながら「われわれは拉致という言葉自体と縁もゆかりもない」と強調した。

また、「南朝鮮当局が今年の4月、情報院のごろつきを動員して外国でわが女性公民10人余りを集団的に誘引、拉致し、南朝鮮当局者が露骨に『脱北』を扇動したのは南朝鮮こそ、拉致を専業とする反人倫犯罪集団だということを実証している」と北朝鮮レストラン従業員集団脱北事件を持ち出し、韓国を非難した。