フィデル・カストロ前国家評議会議長の死去を受けてキューバを弔問した北朝鮮の党・国家代表団が29日、弔意式場であるキューバ国立劇場を訪れて弔意を表した。朝鮮中央通信が以下の通り報じた。

朝鮮党・国家代表団がフィデル・カストロ・ルス氏を追慕して弔意を表す

【平壌12月1日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員、共和国国務委員会副委員長である党中央委員会の崔龍海副委員長を団長とする朝鮮党・国家代表団がキューバ革命の最高指導者フィデル・カストロ・ルス氏の死去に際して11月29日、弔意式場であるキューバ国立劇場を訪れて弔意を表した。

朝鮮労働党委員長、共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官の金正恩元帥が送った花輪が弔意式場に置かれていた。

代表団員は、キューバ革命と人民の卓越した指導者、朝鮮人民の親しい友人、同志であるフィデル・カストロ・ルス氏を追慕して黙とうした。

崔龍海副委員長は、弔意録に一文をしたためた。

    関連記事