人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

国連安全保障理事会が30日午前(日本時間同日夜)、北朝鮮が9月に行った5回目の核実験を受けた新たな制裁決議案を採決する。主要国は内容に合意しているとされ、採択される見通し。

北朝鮮が輸出で得る年間およそ30億ドルのうち、8億ドルを削減する内容が柱。

一連の報道によれば、今回の決議案は、北朝鮮当局の主要な外貨獲得源である石炭輸出を原則として禁じた今年3月の決議2270号を補完する内容とされる。2270号では「民生目的」の石炭輸出は例外的に認められており、これが「抜け穴」になっているとの指摘がある。

    関連記事