北朝鮮では、90年代の中国のように、大量のカネが不動産市場に流れ込みつつあり、全国的に不動産価格が上昇傾向にある。平壌市内の中区域、牡丹峰(モランボン)区域、平川(ピョンチョン)区域では、新築マンションが10万ドルから20万ドル(約1130万〜2260万円)で取り引きされている。

また、清津市内でも10万ドル台の高級マンションが登場した。

高級マンションは、部屋が3つ以上あり、100〜150平米のゆったりした間取りだ。設備も整っている。このような高級マンションは、貿易会社の社員や、海外に親戚を持つ人など、出処の明確なカネを持った人の間で人気だという。

    関連記事