金正恩党委員長が、恐喝まがいの手段で女性から収奪しようとしている。北朝鮮では21日に女性団体である朝鮮民主女性同盟(女盟)の第6回大会が33年ぶりに行われた。今大会では「社会主義女性同盟」と改称された。女盟は満31歳から55歳までの一般女性を加入対象とし、そのなかには働く主婦も含まれる。

国際社会が北朝鮮の人権侵害に対して非難を強めるなか、金正恩氏が33年ぶりの女盟大会を開いたのは「女性の地位や人権に配慮している」ということをアピールする狙いがあると見られる。人権侵害のなかでも、とりわけ女性に対する人権侵害は、当事者らの告発などにより実態が明るみにでつつあるからだ。

女性虐待収容所に喜び組

米国の人権団体「北朝鮮人権委員会」(HRNK)は、中朝国境地域の咸鏡北道(ハムギョンブクト)にある全巨里(チョンゴリ)教化所において女性収容施設が拡張されていることを暴露した。