咸北道北部被災地に建てられた新しい街、新しい村で入居の集い

【平壌11月20日発朝鮮中央通信】ひどい災難の波が席巻した朝鮮の北辺の地に1万1900余世帯の住宅がわずか2カ月間に建てられた。

北部被災地の人民の入居の集いが19、20の両日、現地で各々行われた。

朝鮮労働党中央委員会の崔龍海、金己男、崔泰福、李洙墉、金平海、李萬建、呉秀容、郭範基、金英哲の各副委員長と咸鏡北道党委員会の全勝勲委員長、同道人民委員会の李相官委員長、被災地の人民、建設に参加した軍隊と社会の幹部、人民軍軍人、突撃隊員が集いに参加した。

朝鮮労働党中央委員会の各副委員長は祝賀演説で、金正恩元帥が思いがけなく水害を被った咸北道(咸鏡北道)北部地域人民のために200日間キャンペーンの主打撃方向を北部被害復旧作業に転換するという重大な決断を下し、禍を転じて福と成す奇跡的勝利を収めるための壮大な作戦を広げたことについて述べた。

    関連記事