北朝鮮のアジア太平洋平和委員会の報道官(スポークスマン)は17日、朴槿恵政権が崔順実ゲートをめぐる混乱のすきを利用して日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)を締結しようとしていると糾弾する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

談話は、「逆賊一味は11月1、9の両日、東京とソウルで日本のサムライ一味と実務協議会を開催して協定の主要内容で合意し、14日には東京でまた第3回実務協議会を開いて協定に仮署名した」と指摘。「民族の百年来の敵と結託して同族を圧殺しようとする極悪な反民族的犯罪行為」だと非難した。

また「軍事情報保護協定が締結される場合、侵略的な米・日・南朝鮮3角軍事同盟と米国のミサイル防衛(MD)システムの構築がいっそう促されることになるであろう」と強調した。

さらに「再侵略の機会だけを虎視眈々と狙っている日本の反動層に北侵戦争の挑発に加担できる法律的保証を提供することになり、南朝鮮は米国と日本の2重植民地、侵略の前哨基地に完全に転落することになるであろう」と非難した。

そのうえで「朴槿恵こそ一日でも生かしておくほど、民族の不幸と災難だけを増大させる特等災難の種だとし、現代版『乙巳五賊』の群れを一日も早く権力の座から引き下ろすべき」だと主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮アジア太平洋平和委員会の代弁人 現代版「乙巳五賊」の群れを権力の座から一日も早く引き下ろそう

【平壌11月17日発朝鮮中央通信】朝鮮アジア太平洋平和委員会のスポークスマンは最近、朴槿恵一味が特大型の政治スキャンダルによって史上最悪の混乱事態が生じたすきを利用して日本との軍事情報保護協定の締結を強行推進していることに関連して17日、これを糾弾する談話を発表した。

「朴槿恵・崔順実スキャンダル」が暴露された直後である去る10月27日、日本との軍事情報保護協定の締結を再び推し進めるということを発表した逆賊一味は11月1、9の両日、東京とソウルで日本のサムライ一味と実務協議会を開催して協定の主要内容で合意し、14日には東京でまた第3回実務協議会を開いて協定に仮署名した。

談話は、これは、民族の百年来の敵と結託して同族を圧殺しようとする極悪な反民族的犯罪行為として、そうでなくても緊張した朝鮮半島と地域の情勢を取り返しのつかない最悪の局面へさらに追い込む危険極まりない妄動だとし、次のように指摘した。

かいらいと日本間に軍事情報保護協定が締結される場合、侵略的な米・日・南朝鮮3角軍事同盟と米国のミサイル防衛(MD)システムの構築がいっそう促されることになるであろう。

また、再侵略の機会だけを虎視眈々と狙っている日本の反動層に北侵戦争の挑発に加担できる法律的保証を提供することになり、南朝鮮は米国と日本の2重植民地、侵略の前哨基地に完全に転落することになるであろう。

かいらいが日本との軍事情報保護協定の締結を急いでいることには、旦夕に迫った政治的余命を維持してみようとする腹黒い下心が潜んでいる。

今、南朝鮮では史上、類例のない朴槿恵逆徒の特大型の不正スキャンダルの全貌が暴かれて人民の反「政府」闘争が急激に高潮している。

米国にそそのかされて日本は、「呼吸するミイラ」同様の境遇になった朴槿恵逆徒の息の根が完全に止まる前になんとしても軍事情報保護協定を締結するためにやっきになってのさばっている。

門の外が黄泉の道である分際で、南朝鮮の民心をさらに刺激する売国協定の締結劇を演じている朴槿恵や、このような屍を最後まで利用しようとあがく米・日の両上司もみんな少しも劣らない歴史のくずである。

談話は、朴槿恵こそ一日でも生かしておくほど、民族の不幸と災難だけを増大させる特等災難の種だとし、現代版「乙巳五賊」の群れを一日も早く権力の座から引き下ろすべきだと強調した。

    関連記事