人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

最近になっては、韓国定着のための施設で「出稼ぎに来た」と脱北の理由を公然と語る若者もいる。3万人にはそれぞれ、ドラマがある。

脱北の動機も変化してきた。韓国統一省の調査によると、経済的な理由から脱北を決意した脱北者の割合は年々低下している。また、北朝鮮での生活水準が中級もしくは上級であったと答える脱北者の割合も、2005年までの13.7%から、2014年から2016年にかけては66.8%に伸びた。

だが、そんな脱北者たちにとって韓国での生活は簡単ではない。統一省と脱北者定着支援機関が2016年に行った調査によると、脱北者の平均月収は一般韓国人の3分の2にとどまる。また、自らを「社会の下層だ」と評価する脱北者は61%にのぼった。一方で、月収は5年前と比べ約30万ウォン増えるなど、改善も見られる。

では、皮膚感覚ではどうか。

    関連記事