人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

仮に交代となった時、後継者としては故金正日氏の弟である金平日氏を推す声が上がっており、4月にソウルで開催された「第1回全世界脱北者大会」で、北朝鮮亡命政権の早期の樹立とともに、首班として金平日氏を擁立することが議題に挙がったことも報じた。

亜洲週刊は、金平日氏が指導者としての品性、リーダーシップ、「白頭血統」の正当性、改革の意思など、最高指導者としての条件を満たしており、西側の指導者同様に、人権についての普遍的価値観を共有していると評価されているとも伝えている。

一方、記事を書いた江迅氏は広東省出身で94年に香港に移住、BBCの特派員を務め現在は亜洲週刊の記者だ。本人は強く否定するが、中国当局との関係があるとの噂が絶えない人物だ。

    関連記事