北朝鮮のような過酷な社会では、人々は「究極の選択」を迫られることがある。

大量の餓死者が出た1990年代半ばの食糧難の時代、ある国営企業の幹部たちは、違法と知りつつ中国との独自の取引を行った。 そうしなければ、幹部も労働者たちも食べ物を手に入れることができなかったからだ。

女子大生が拷問されて絶望

しかし、当局はその行いを許さず、厳罰で臨んだ。