北朝鮮全域に麻薬密売、性的暴力、わいせつ物の流通など「資本主義型退廃犯罪」が拡散し、体制を脅かす深刻な社会問題となっているとして北朝鮮当局の内部文書を入手したと、韓国の韓国日報が12日に報じた。

わいせつ行為を撮影

北朝鮮は朝鮮労働党、国家安全保衛部(秘密警察)、人民保安省(警察)からなる「強力犯罪取締常務組織」を立ち上げ、取り締まりに全力を尽くしているが、公開銃殺などの残酷な処罰で接しても、このような「犯罪行為」は収まらない。