北朝鮮の人権状況の改善を求める決議案の草案が、今週中にも国連総会傘下の第3委員会に上程される模様だと、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が27日、国連消息筋からの情報として報じた。

決議案は、11月下旬に第3委員会、12月中旬に国連総会全体会議でそれぞれ採決が行われる見通し。

拳銃を乱射

国連総会では2005年から毎年、北朝鮮における人権侵害の深刻さを指摘し、責任追及を求める内容の決議が採択されているが、北朝鮮が受ける逆風はどんどん強くなっている。金正恩氏にとっては「憂鬱な季節」と言えるだろう。それでなくともストレスの多い生活をしているのに、心理的圧迫は増すばかりだ。

今年の決議案ではとくに、北朝鮮が海外に派遣している労働者が置かれた劣悪な環境や搾取について、初めて言及されたことが注目される。北朝鮮は近年、40カ国余りに約5万8000人の労働者を派遣。そこからの外貨収入は年間5億5000万ドルに上ると推定されており、核兵器開発を阻止する上でも、このカネの流れを遮断することは重要だ。

ちなみに、北朝鮮には「国際主義戦士」という言葉がある。

北朝鮮はかつて、ベトナム戦争や中東戦争で米国とその同盟国と戦い、経済情勢の良かった時代には、アフリカなどにも軍事顧問や経済分野の技術顧問を派遣していた。

ここで、外国の戦争に参加することの是非は敢えて問わないことにするが、そのようにして海外で血や汗を流し、犠牲者も出した北朝鮮の軍人や技術者、労働者たちは(本人らが不本意だったとしても)革命を担う「戦士」として称えられたのだ。

しかし、今の海外派遣労働者たちには、そのような栄誉が与えられているようにも見えない。完全に金儲けの道具だ。

現場から逃げ出そうとした労働者がアキレス腱を切られたり、掘削機で足を潰されたりという凄惨な私刑(リンチ)を受けている事実が、そのことを物語っている。

そのような状況を無くすことは、国際社会と北朝鮮国民の双方にとって利益となる。

この12月にはまた、米国務省が北朝鮮に対する人権制裁リストの第2弾を発表する予定であり、ワシントンDCでは国際法曹協会(IBA)などが、北朝鮮の政治犯収容所における「人道に対する罪」をどのように法的に裁くかを検証する模擬裁判を行う。

米国から人権問題で制裁対象に指定された際、金正恩氏はブチ切れて拳銃を乱射するなどしたという。側近たちは八つ当たりで処刑されないよう、早めに脱北した方が良いのではないか。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事