今から37年前の1979年10月26日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の父、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領が暗殺された。

北朝鮮の労働新聞は26日、朴正煕氏の暗殺事件について「希世の反逆児に与えられた避けられない運命であった」としながら、朴槿恵大統領に対して「事大・売国的気質は自分の父も顔負け」と非難する署名入りの論説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は「朴槿恵逆徒が瀕した今日の危機は、外部勢力を後ろ盾にして『維新』独裁を復活させ、北南対決に狂奔した千秋に許せない罪悪がもたらした必然的帰結である」と主張した。