北朝鮮の労働新聞は24日、署名入りの論説を通じて「帝国主義の思想的・文化的浸透」を徹底的に防ぐことが「政治・思想基盤をいっそう強固にするうえで極めて重要な問題」であると強調。米韓の宣伝戦や、韓流ドラマをはじめとする海外情報の流入に警戒感を示した。

論説は「反動的な思想文化が帝国主義者の侵略の道案内であったならば、こんにちは侵略の主役となっている」と主張。

また「(米国をはじめとする帝国主義反動勢力は)われわれに対するあらゆる悪宣伝を悪らつに繰り広げる」「わが内部に資本主義思想文化を浸透させようとしつこく策動している」と非難した。

そのうえで「社会生活の各分野においてあらゆる不健全かつ非社会主義的な要素を徹底的に根絶し、気高い思想的・精神的風ぼうと生活様式を確立していく」ことを強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 帝国主義の思想的・文化的浸透を防ぐのは重要な問題

【平壌10月24日発朝鮮中央通信】24日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、こんにち、帝国主義の思想的・文化的浸透を徹底的に防ぐのはわれわれの政治・思想基盤をいっそう強固にするうえで極めて重要な問題として提起されていると強調した。

論説は、他国を支配、略奪するうえで帝国主義者が一番恐れるものは政治的に目覚めた人民の団結した力であると指摘した。

また、自主性を目指す人民の闘争が強化されるのにつれて、帝国主義反動勢力は思想的・文化的浸透にさらなる意義を付与し、その実現のために手段と方法の限りを尽くしているとし、次のように指摘した。

帝国主義者の思想的・文化的浸透で基本は、他国にブルジョア思想と資本主義の生活様式を伝播させることである。

かつてには、反動的な思想文化が帝国主義者の侵略の道案内であったならば、こんにちは侵略の主役となっている。

近年、米帝をはじめとする帝国主義勢力は思想的・文化的浸透と心理・謀略戦を繰り広げて一部の国々で政府を転覆し、親米政権を立てた。

途方もない費用がかかって数多くの死傷者を出す侵略戦争を通じても、得がたい結果であった。

論説は、今、米国をはじめとする帝国主義反動勢力は共和国をこれ以上力で制圧することができなくなると、われわれに対するあらゆる悪宣伝を悪らつに繰り広げるとともに、わが内部に資本主義思想文化を浸透させようとしつこく策動しているとし、社会生活の各分野においてあらゆる不健全かつ非社会主義的な要素を徹底的に根絶し、気高い思想的・精神的風ぼうと生活様式を確立していくことを強調した。

    関連記事