北朝鮮の開城市で故金日成・正日氏の銅像が新しく建てられた。5日、朝鮮中央通信が報じた。

開城市に建てられた金日成・正日氏の銅像(2016年10月6日付労働新聞より)
開城市に建てられた金日成・正日氏の銅像(2016年10月6日付労働新聞より)

同通信によると、銅像の除幕式が5日に行われ、金永南(キム・ヨンナム)、崔龍海(チェ・リョンヘ)、金己男(キム・ギナム)の各氏や銅像建設の関係者が参加した。

また、金正恩党委員長名義の花かごをはじめ、朝鮮労働党中央委員会、共和国国務委員会、共和国最高人民会議常任委員会、共和国内閣の共同名義による花かごが進呈された。

開城市に建てられた金日成・正日氏の銅像の除幕式(2016年10月6日付労働新聞より)
開城市に建てられた金日成・正日氏の銅像の除幕式(2016年10月6日付労働新聞より)

除幕式では金永南氏が除幕の辞を述べ「みんなが主席と総書記の太陽の姿をいつも仰ぎ、金正恩元帥の周りにいっそう固く団結して社会主義強国の建設と祖国統一のために、チュチェの革命偉業の達成のために力強く闘っていく」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金日成主席と金正日総書記の銅像を開城市に建てる

【開城10月5日発 朝鮮中央通信】金日成主席と金正日総書記の銅像を開城市に建てた。

銅像の除幕式が、5日に行われた。

除幕式には、金永南、崔龍海、金己男の各氏らと黄海北道、開城市、関係部門の幹部、銅像を建てるのに寄与した単位の幹部、功労者、朝鮮人民軍、朝鮮人民内務軍の将兵、人々、青年学生が参加した。

主席と総書記の銅像の除幕を党・国家・軍隊、黄海北道・開城市の責任幹部らが行った。

朝鮮労働党委員長、共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官の金正恩元帥の名義による花かごが、主席と総書記の銅像に進呈された。

朝鮮労働党中央委員会、共和国国務委員会、共和国最高人民会議常任委員会、共和国内閣の共同名義による花かごと開城市人民の名義による花かごが進呈された。

黄海北道と開城市の党・政権機関、勤労者団体、機関、企業所、工場、農場、大学と朝鮮人民軍、朝鮮人民内務軍の部隊などの名義による花かごが進呈された。

参加者は、主席と総書記の銅像を仰いであいさつした。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である共和国最高人民会議常任委員会の金永南委員長が、除幕の辞を述べた。

金永南委員長は、かつて立ち後れた消費都市であった開城市がこんにち、近代的な軽工業都市に、燦爛(さんらん)たる民族文化を誇る歴史文化都市に立派に整えられ、人民の生活において大きな転変が起こるようになったのはー生、愛国献身の道を絶え間なく歩んできた主席と総書記の賢明な指導を抜きにしては考えられないと述べた。

また、みんなが主席と総書記の太陽の姿をいつも仰ぎ、金正恩元帥の周りにいっそう固く団結して社会主義強国の建設と祖国統一のために、チュチェの革命偉業の達成のために力強く闘っていくことについて強調した。

    関連記事