台風10号(ライオンロック)の影響で、深刻な水害に見舞われた地域には既に復旧部隊が派遣されている。しかし、当局の不十分な対応に憤った住民が激しい抗議をするなど、とても復旧がスムーズに進んでいるとは言いがたい。

集団脱北で公開処刑

それどころか、北朝鮮当局は秘密警察を派遣した。その狙いは脱北を事前に防ぐため、さらに住民たちに対する統制を強化することだった。

中朝国境地域は、もともと脱北者が多い地域であり、至る所に国境警備隊の警戒所や鉄条網などが設置されている。とくに、金正恩党委員長は、脱北者に対してを厳しく取り締まる方針を示している。

4月に中国で発生した北朝鮮レストラン従業員らの集団脱北を巡っても、公開処刑が行われたとの情報がある。

韓流ビデオで拷問も

しかし、今回の水害で脱北をブロックする設備が破壊されてしまった。北朝鮮当局は大量脱北が予想されると判断し、これを事前に防ぐために保衛部を派遣したようだ。

保衛部は脱北阻止にかこつけて、違法携帯電話やUSBメモリなどに収められた韓流ドラマの映像ファイルに対する取り締まりを強化し、現地には殺伐とした雰囲気が漂っているとのことだ。

携帯電話の取り締まりは、内部情報の流出入を防ぐためだ。そして、国境地帯は北朝鮮のプロパガンダを骨抜きにする韓流ビデオのファイルの流入口であるだけに、普段以上に強度の高い取り締まりを行っている。

今年4月には、女子大生が韓流ドラマのファイルを保有していただけで拷問を加えられる事件が起きた。

今回はそれ以上の取り締まりが行われている可能性が高い。想像しただけで背筋が寒くなる。

つまり保衛部の派遣は、住民生活の平穏を取り戻すためではなく、災害を利用して住民統制をさらに強めることが狙いだったのだ。現地住民の生活を脅かす北朝鮮軍兵士の略奪行為よりも、悪質な北朝鮮当局のやり口と言わざるを得ない。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事