北朝鮮と米国が、互いに「先制攻撃」を言い合う舌戦を繰り広げている。

北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は20日、日米韓外相会談(18日)で北朝鮮の核開発の脅威が話し合われたことについて、「白昼強盗さながらの妄言」であると非難した。

舌戦で「戦死」も

報道官はまた、「(米国は)経済的圧迫と軍事的威嚇によってはわれわれを屈服させられないということから『人権問題』まで取り上げてわれわれの『体制転覆』を謀っている」などと反感を露わにし、「米国に無分別な行動を必ず後悔させる」と威嚇している。

この発言は朝鮮中央通信により伝えられたものだが、筆者が繰り返し述べてきたとおり、金正恩党委員長はこうしたメディア戦略を自ら指揮している。そうでなければ、公式メディアが正恩氏のヘンな写真をバンバン公開できるわけがない。

一方、これと同じ日、北朝鮮外務省の米国専門家も、米国内で高まる対北強硬論をけん制する論評を、朝鮮中央通信などを通じて発表した。

米国では有力シンクタンクの外交評議会(CFR)が16日、「(オバマ政権の)『戦略的忍耐』政策は、北朝鮮による挑発の危険な悪循環を止めることも、北東アジアの安定を確保することもできない」とする報告書を発表。

その中で、「北朝鮮が交渉を拒否し、核能力を増強し続けるならば、北朝鮮の政権の存立と核・ミサイル能力に対する直接的威嚇を含め、一層決定的な軍事的・政治的行動を考慮せざるをえない」などと主張し、先制攻撃も選択肢となりうることを示唆した。

これに対し、北朝鮮外務省の米国研究者であるキム・グァンハク氏は、「共和国は空中と地上、海上と水中をはじめ、任意の空間で米国を相手取る十分な軍事的力を備えている」などと応戦。米軍の脅威に対しては「超強硬対応と無慈悲で即時的な先制打撃で立ち向かうのがわれわれの結論」であると述べている。

まさしく、「やっちまうぞ」「かかってこい」とばかりの舌戦である。しかし、分が悪いのはどう考えても正恩氏だ。北朝鮮からの脅しは、米国全体に向けられたものである。逆に独裁者である正恩氏は、米国からのプレッシャーを独りで受け止めねばならない。

ただでさえ、ストレス過多で健康を害しているとの説もある正恩氏である。

本物の戦争が起きる前に、舌戦の中で倒れてしまう可能性は無くもないだろう。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事