人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

昨年12月中旬に開始された、北朝鮮の携帯電話サービスの加入者が8万人に達したと、オラスコムテレコムのサウィリス会長が17日(現地時間)に発表した。

サウィリス会長はエジプトのカイロで記者会見を開き、現在北朝鮮で携帯電話サービスの加入者が増え続けていることを『奇跡』と表現した。

オラスコム社が発表した第3四半期の実績報告書によると、北朝鮮国内の携帯電話事業者である『コリョリンク』の加入者は、第3四半期には69,261人、約7万人になったという。第2四半期までの4万7千人と比べても、3ヶ月間で2万1千人が新しく加入したため、約45%増加したことになる。

コリョリンクは今年の売り上げを1845万6千ドルと予想している。第2四半期と比べ約600万ドル増加することになる。

北朝鮮国内の加入者1人当りの1ヶ月の平均通話時間は215分で、徐々に増加しているという。しかし、1人当たりの平均売り上げは21ドル60セントで、第2四半期の22ドル8セントよりも減少している。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

オラスコム社は新義州を含め全国的に移動通信網を拡大して、技術を開発するために2500万ドルを投資している。映像や音楽の伝送ができ、インターネットが使用できる3.5世代移動通信技術である HSDPA(High Speed Downlink Packet Access)の導入も準備しているという。

現在コリョリンクは、販売代理店を平壌で3ヶ所運営している。また、朝鮮逓信会社の9ヶ所の営業所でプリペイドカードを販売している。

    関連記事