北朝鮮の建国記念日(9月9日)に際し、パキスタンのフセイン大統領とサンマリノのベルティ、ウゴリーニの両執政が、金正恩党委員長に祝電を送った。

朝鮮中央通信が伝えた祝電全文は次のとおり。

金正恩国務委員長にパキスタン大統領から祝電

【平壌9月17日発朝鮮中央通信】朝鮮国務委員会の金正恩委員長にパキスタンのマムヌーン・フセイン大統領から8日、祝電が寄せられた。

祝電は、次のとおり。

わたしは、2016年9月9日の朝鮮民主主義人民共和国の創建日を迎える重要な契機に際して、閣下にパキスタン政府と人民を代表して最も温かいあいさつを送る。

わたしは、持続的な協力と理解で特徴づけられたわが両国間の双務関係が今後も、続くものと確信する。

わたしは、朝鮮民主主義人民共和国の人民に温かい願いを送る。

閣下に、最も崇高な敬意を表する。---

金正恩国務委員長にサンマリノ執政から祝電

【平壌9月17日発朝鮮中央通信】共和国国務委員会の金正恩委員長にサンマリノのジャン・ニコラ・ベルティとマッシモ・アンドレア・ウゴリーニの両執政から7日、祝電が寄せられた。

祝電は、次のとおり。

閣下

われわれは、朝鮮民主主義人民共和国の創建日に際して、閣下に最も温かい祝賀のあいさつを送りつつ、閣下が健康であることと、あわせて親しい朝鮮民主主義人民共和国の人民に繁栄と進歩、福利があることを心から願う。

閣下に、最も崇高な敬意を表する。---

 

    関連記事