北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は16日、「国内外の朝鮮青年は祖国統一闘争に立ち上がろう」と呼びかける論説を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、国内外のすべての朝鮮青年は「金正恩元帥が金日成社会主義青年同盟第9回大会で提示した綱領的な教え」に従い、朝鮮半島の「自主統一」を成し遂げるためにこぞって立ち上がるべきだと指摘。

その上で、「青年たちが民族自主と民族大団結のために闘うのは、外部勢力の干渉と妨害策動を退けて祖国統一運動を勝利のうちに前進させる」ための役割を全うすることであると説いている。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。