こんな手口で金を集めても、庶民、とりわけ青少年らの金正恩氏に対する民心は離れる一方だろう。そうでなくても、好奇心が強く情報に飢えている北朝鮮の若者たちは、韓流ビデオや海外映画などを通じて、外の世界を知っている。あまりにも好奇心が強くて、さらには韓流ビデオに触発されて、時には暴走することもあるようだが…。

(参考記事:北朝鮮で「海外ビデオ」が引き起こした少年少女「性の暴走」事件

本来なら核実験の成功を大々的に祝いたいはずの金正恩氏が復旧作業を優先した背景には、核やミサイルではなく、復旧で人民愛をアピールする狙いがあると見られる。しかし、こうしたセコい手口で、庶民にせびっているようでは、彼が望む人民からの愛情を手に入れることはできないだろう。

(参考記事:金正恩氏が「愛情」に飢えている

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事