北朝鮮の労働新聞は15日、在韓米軍を非難する「南朝鮮占領米軍は朝鮮半島の平和のがん的存在」というタイトルの署名入りの論説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「南朝鮮占領米軍は南朝鮮人民の生存権を無残に蹂躙(じゅうりん)、抹殺してきた極悪な白昼強盗、殺人鬼の群れであり、朝鮮半島で平和を破壊して統一を阻むための米帝の対朝鮮支配政策の軍事的執行者である」と非難。

さらに「米帝侵略軍が南朝鮮を占領している限り、いつになってもこの地には平和が訪れず、民族の悲願である統一も成し遂げられず、核戦争の危機を取り除くことができない」と強調した。

そのうえで「北・南・海外の全同胞は、固く団結して南朝鮮から米帝侵略軍を追い出すための闘争をいっそう果敢に繰り広げて平和と民族の安全を守り、祖国統一の歴史的偉業を早めて成し遂げるべきであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 南朝鮮占領米軍は朝鮮半島の平和のがん的存在

【平壌9月15日発 朝鮮中央通信】15日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、米軍の南朝鮮占領は全朝鮮半島をそっくり併呑してアジアと世界制覇野望を実現するための橋頭堡を確保しようとする凶悪な目的の下で強行された侵略行為であったと糾弾した。

論説は、米国の支配と占領の下で南朝鮮は全朝鮮半島とアジア侵略、世界制覇のための軍事基地に、核戦争の前哨基地に徹底的に転落し、わが民族は恒常的な戦争の危険の中で生きなければならなかったとした。

また、南朝鮮占領米軍は南朝鮮人民の生存権を無残に蹂躙(じゅうりん)、抹殺してきた極悪な白昼強盗、殺人鬼の群れであり、朝鮮半島で平和を破壊して統一を阻むための米帝の対朝鮮支配政策の軍事的執行者であることを暴いた。

そして、南朝鮮占領米軍こそ「平和の守護者」ではなく、朝鮮半島であらゆる不幸と苦痛、情勢の不安定だけを招く悪の根源であることをはっきりと示しているとし、次のように強調した。

米帝侵略軍が南朝鮮を占領している限り、いつになってもこの地には平和が訪れず、民族の悲願である統一も成し遂げられず、核戦争の危機を取り除くことができない。

南朝鮮占領米軍の撤退は、朝鮮半島での恒久平和を保障するための優先的課題である。

わが民族は、招かざる客である米帝侵略軍が南朝鮮に居座っていることを願っていない。

北・南・海外の全同胞は、固く団結して南朝鮮から米帝侵略軍を追い出すための闘争をいっそう果敢に繰り広げて平和と民族の安全を守り、祖国統一の歴史的偉業を早めて成し遂げるべきであろう。

    関連記事