北朝鮮の対南宣伝団体である民族和解協議会は10日、韓国の朴槿恵政権が金正恩体制の不安定化を指摘していることについて、「真実をまどわして」いると反論した。朝鮮中央通信が伝えた。

この日、同協議会が発表した警告状は、韓国が北朝鮮の現状について「亀裂の兆候」「急変事態」などと言うのは「寝言のようなたわごと」でるなどと指摘。

その上で、「無謀な対決悪態をやたらについた代価がどんなに残酷であるのかを遠からずはっきり見ることになる」と威嚇した。