北朝鮮の労働新聞は10日、署名入りの論評を通じて、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、北朝鮮の弾道ミサイル発射をめぐって「北東アジア地域の安保に対する脅威」と騒ぎ立てていると非難した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「笑止千万なのは朴槿恵逆徒がいまだ大勢の流れを見分けられず、米国と共謀、結託して共和国を圧殺する無駄な野望にとらわれていることだ」と指摘。

また「米国がわが共和国に一方的な核恐喝を加えていた時代は、永遠に終えんを告げた」と主張。