北朝鮮外務省の代表団が8月29日からモザンビークを訪問し、政府の外交や農漁業、保健部門の幹部らと会談した。朝鮮中央通信が伝えた。

同通信によれば、モザンビーク側は「敵対勢力が朝鮮とアフリカ諸国間の関係を阻もうと策動しているが、アフリカ諸国の人民が真の自由を享受できるように援助した朝鮮人民との信義を変わることなく守る」などと述べたという。

同通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省代表団がモザンビークを訪問

【平壌9月3日発朝鮮中央通信】ホ・ヨンボッ局長を団長とする朝鮮外務省代表団が8月29日から9月1日まで、モザンビークを訪問した。