台風10号(ライオンロック)の影響で、北朝鮮北部で甚大な水害被害が起きていることを本サイトは現地写真をまじえて報じた。

北朝鮮の朝鮮中央通信も2日、台風10号の影響で咸鏡北道(ハムギョンブクト)で、被害が起きていることを報じた。

同通信は、「豆満江流域に観測以来、まれな大水が発生し、豆満江が氾濫して会寧市、茂山郡、穏城郡、慶源郡、慶興郡、延山郡、羅先市の一部地域がひどく被害を受けた」としながら、「会寧市で、15人が行方不明になった」と報じた。

さらに、「咸鏡北道で8670余棟に1万7180余世帯の家屋が全壊したり、部分的に破壊されて4万4000人余りが路頭にさ迷うことになった」と報じた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

咸鏡北道で水害

【平壌9月2日発朝鮮中央通信】8月29日に発生した台風10号と北西方に形成された低気圧が加わりながら、29日から9月2日の間に咸鏡北道をはじめ朝鮮の全般的地域で強風が吹き、雨が降った。

気象水文局の通報によると、8月29日零時から9月2日正午の間に咸鏡北道の慶興郡と富寧郡に降った降水量は各々320ミリ、290ミリである。

咸鏡北道の穏城、鏡城、慶源、延社、花台、そして両江道の大紅丹など複数の地方にも150ミリ以上の多くの雨が降った。

豆満江流域に観測以来、まれな大水が発生し、豆満江が氾濫して会寧市、茂山郡、穏城郡、慶源郡、慶興郡、延山郡、羅先市の一部地域がひどく被害を受けた。

被害が最大の地域は、会寧市と茂山郡、延山郡である。

会寧市で、15人が行方不明になった。

咸鏡北道で8670余棟に1万7180余世帯の家屋が全壊したり、部分的に破壊されて4万4000人余りが路頭にさ迷うことになった。

水害地域で人々の生活を安定させ、被害を克服するための闘いが力強く展開されている。

    関連記事