北朝鮮の朝鮮人民軍板門店代表部は2日、米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン」の「冒険性」を非難する白書を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

白書は、図上の演習シミュレーションとして行われてきた「乙支フォーカス・レンズ」が2008年に現在の名称に変わり、実動演習に移行して以来、米軍は参加する兵力と戦力の増強を続けてきたと指摘。

また、米軍は従来、演習に核攻撃能力を持つ兵器を投入する場合、その事実をひた隠しにしてきたのに、現在は積極的にメディアに公開しているとして、「対朝鮮侵略策動がすでに極限界線を越えて実行の段階に入ったということを実証」していると述べた。

さらに、「最近、敵はわれわれのいわゆる『核兵器使用徴候』と『兆し』を前提とする先制打撃論を唱えている。これは、機会が生じれば自分らの「決心」と「判断」によってわが共和国を先制打撃するという凶悪な野望の発露である」「膨大な核戦争武力を投入した状態で、いったん、機会が生じれば不意の核先制打撃を実現するというところに、同合同軍事演習の危険性と冒険性がある」などと主張。

その上で、米韓が「北侵核戦争演習に執着し続けるなら、その代価を最も凄絶に、悲惨に、どっさり払うことになる」と威嚇した。