北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、韓国聯合ニュースの報道を引用しながら、元慰安婦の女性らが、旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡る日韓合意に対し、「被害者を売り渡す行為」としながら糾弾したと報じた。

同通信は慰安婦の女性らが、「幾ばくかのお金を支給することで日本の過去の罪科に目をつぶろうとするかいらい一味の屈辱的行為に反対した」としなが、「慰労金がいくら多くても、日本の過去の罪悪清算のために一人が残るまで闘う」と強調したと伝えた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

日本軍性奴隷被害者が南朝鮮のかいらい一味の慰労金支給策動に反対

【平壌8月29日発朝鮮中央通信】南朝鮮の「聯合ニュース」によると、日本軍性奴隷被害者であるキム・ボクトンさん、キル・ウォンオクさんが26日、ソウルの麻浦区で記者会見を開いて幾ばくかのお金を支給することで日本の過去の罪科に目をつぶろうとするかいらい一味の屈辱的行為に反対した。

彼女らは、南朝鮮当局が慰労金というものを日本から受けることは被害者を売り渡す行為であると糾弾した。

また、当局が被害者家族に会って屈辱「合意」の履行に協力しろと強要していることに触れ、そのようなお金を受けろという者は苦痛を体験して見なかった人々であると非難した。

そして、日本がやるべきことは執権者が正式に性奴隷被害者の前で誤り、被害者の名誉回復に乗り出すことだと主張した。

さらに、日本軍性奴隷犯罪について後世に知らせようと国民が建てた少女像はぜったいに撤去できないとした。

彼女らは、慰労金がいくら多くても、日本の過去の罪悪清算のために一人が残るまで闘うと強調した。

    関連記事