北朝鮮の平壌で27日から28日に行われた金日成社会主義青年同盟第9回大会で、「金日成社会主義青年同盟」の名称が「金日成・金正日主義青年同盟」に改名されることが決定された。29日、朝鮮中央通信が報じた。

同通信によると決定書は、「金正恩元帥は、わが革命とチュチェの青年運動発展の現実的要請と500万青年前衛の一様な念願と意志を深く察して、金日成社会主義青年同盟第9回大会で青年同盟の名称を金日成・金正日主義と結びつけて新たに命名するようにする最上、最大の栄光と大いなる信頼を施した」としている。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮で青年同盟の名称を新たに命名

【平壌8月29日発朝鮮中央通信】28日に採択された金日成社会主義青年同盟第9回大会の決定書によると、大会は金日成社会主義青年同盟の名称を「金日成・金正日主義青年同盟」と命名するということを宣布した。 決定書は、次のように強調した。

チュチェの青年運動発展の最盛期が開かれているこんにち、青年同盟の名称に金日成主席と金正日総書記の太陽の尊名をともに冠し、金日成・金正日主義の旗印を高く掲げて金正恩元帥の指導に従ってチュチェの革命偉業を代を継いで最後まで成し遂げようとするのは、全国のすべての青年と青年同盟活動家の一様な志向、切々たる念願である。

金正恩元帥は、わが革命とチュチェの青年運動発展の現実的要請と500万青年前衛の一様な念願と意志を深く察して、金日成社会主義青年同盟第9回大会で青年同盟の名称を金日成・金正日主義と結びつけて新たに命名するようにする最上、最大の栄光と大いなる信頼を施した。

これには、青年同盟とわが青年が金日成・金正日主義の旗印高く、チュチェの革命偉業の最後の勝利を早めるための闘争において、党の頼もしい後続部隊、先兵、両翼部隊としての使命と任務を果たしていくことを願う元帥の崇高な意図が盛り込まれている。

    関連記事