北朝鮮で28日、党・国家の責任幹部が、各地の青年学生と「青年節」を慶祝した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

青年節とは、金日成主席が1927年8月28日に朝鮮共産主義青年同盟を結成したことを記念して、制定された。

同通信によると、金永南(キム・ヨンナム)、朴奉珠(パク・ポンジュ)、金平海(キム・ピョンヘ)、李萬建(リ・マンゴン)、呉秀容(オ・スヨン)、郭範基(クァク・ポムギ)、金英哲(キム・ヨンチョル)、盧斗哲(ロ・ドゥチョル)の各氏をはじめとする、中央と地方の幹部が、各地の工場が企業所、農場、大学などへ出向いて、青年学生を祝った。

また、青年学生は、芸術公演とスポーツ・レクリエーション競技をはじめとする文化行事を行って祝日を楽しんだという。

青年節を祝う夜遊会(2016年8月29日付労働新聞より)
青年節を祝う夜遊会(2016年8月29日付労働新聞より)

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

党・国家の責任幹部 各地の青年学生と青年節を慶祝

【平壌8月28日発朝鮮中央通信】党・国家の責任幹部が28日、各地の青年学生と青年節を慶祝した。

金永南、朴奉珠、金平海、李萬建、呉秀容、郭範基、金英哲、盧斗哲の各氏と各内閣副総理、中央と地方の幹部が、金正淑平壌製糸工場、金鍾泰電気機関車連合企業所、江西区域青山協同農場、黄海製鉄連合企業所をはじめとする各地の工場・企業所、農場、大学へ出向いて青年学生を祝った。

彼らは、青年学生とともに金日成主席と金正日総書記の銅像と太陽像、姿を描いたモザイク壁画、革命事績碑に花かごと花束を進呈し、あいさつした。

また、革命事績教育室と沿革紹介室、生産現場などを見て回った後、模範的な青年学生に会って鼓舞した。

党・国家の責任幹部は、青年学生が社会主義強国建設の作業場ごとで世人を驚かす奇跡と革新を絶え間なく生み出してマンリマ(万里馬)時代の青年英雄になることを頼んだ。

青年学生は、芸術公演とスポーツ・レクリエーション競技をはじめとする多彩な文化行事を行って祝日を楽しんだ。

    関連記事