北朝鮮外務省のスポークスマン(代弁人)は28日、国連安保理が北朝鮮の潜水艦ミサイル発射を非難する声明を出したことに対して「重大な敵対行為」としながら全面排撃するとの声明を発表した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

声明は、「米国が国連安保理を盗用して演じた今回の公報文(非難声明)採択劇は共和国の自主権と尊厳に対する乱暴な侵害、朝鮮半島の平和と安定を害する無分別な挑発になる」と糾弾。

また「米国の指揮棒に踊らされてわれわれの自衛的抑止力強化に言い掛かりをつけたのは、国際機構としての公正さを完全に喪失し、朝米間の先鋭な対決で米国に便乗した不法非道な行為である」と非難した。

さらに、「いったん機会だけ生じれば米本土と太平洋作戦地帯内の侵略武力を一挙に灰燼に作られる実質的手段をすべて備えた」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人 共和国の自衛的核抑止力強化措置に言い掛かりをつけた国連安保理公報文を全面排撃

【平壌8月28日発朝鮮中央通信】米国とその追随勢力が国連安保理で戦略潜水艦弾道ミサイル水中試射をはじめ、朝鮮の自衛的核抑止力強化措置に言い掛かりをつける公報文を発表する重大な敵対行為をまたもや働いた。

朝鮮外務省のスポークスマンは28日の声明で、これはわれわれの正々堂々たる自衛権行使を問題視して阻んでみようとする米国と敵対勢力の白昼強盗さながらの行為の所産であると暴き、それを断固と全面排撃した。

声明は、米国が国連安保理を盗用して演じた今回の公報文採択劇は共和国の自主権と尊厳に対する乱暴な侵害、朝鮮半島の平和と安定を害する無分別な挑発になると糾弾した。

国連安保理が侵略的な米国・南朝鮮合同軍事演習を問題視したわれわれの提訴には口を極めて背を向けながら、米国の指揮棒に踊らされてわれわれの自衛的抑止力強化に言い掛かりをつけたのは、国際機構としての公正さを完全に喪失し、朝米間の先鋭な対決で米国に便乗した不法非道な行為であると非難した。

米国とその追随勢力がわれわれの自衛的対応措置を国連安保理「決議」違反などとして言い掛かりをつけているが、その「決議」が果たして国連憲章に合致する合法的な文書であるのかについては国連事務局も答弁できずにいると指摘した。

声明は、われわれは米国の前代未聞の対朝鮮敵視政策と核脅威に立ち向かって、いったん機会だけ生じれば米本土と太平洋作戦地帯内の侵略武力を一挙に灰燼に作られる実質的手段をすべて備えたとし、次のように強調した。

われわれはすでに、米国がわれわれの戦略潜水艦弾道ミサイル水中試射に言い掛かりをつけるような軽挙妄動は自滅の道を促すだけで、憤怒で満ちるわれわれのせん滅的な打撃を避けられる最上の方途はわれわれの尊厳と安全に手出しせず、自重、自粛することであるということについて警告した。

米国がわれわれの厳かな警告を無視してわが共和国の尊厳と生存権を脅かした以上、われわれは堂々たる軍事大国として見せられるすべての出来事的な行動措置を多段に引き続き見せてやるであろう。

これによって発生するすべての悪結果については全的に、米国とそれに追随した勢力が責任を負うことになるであろう。

    関連記事