北朝鮮の朝鮮人民軍板門店警務長は27日、米韓側が「板門店区域でわが軍人たちを刺激する故意の挑発行為を働いている」として、挑発が止まらない場合、「無慈悲な照準射撃を免れない」と警告した。朝鮮中央通信が伝えた。

同通信によれば、米韓側が26日の夕方から投光器で北朝鮮側の監視施設を照射し、「われわれの勤務メンバーの身辺に重大な脅威が生じ、正常な監視活動にも支障をきたしている」という。

朝鮮人民軍板門店警務長 板門店区域で強行される挑発行為はわれわれの即時の反撃を免れない

【平壌8月27日発朝鮮中央通信】朝鮮人民軍の板門店警務長は、敵が板門店区域でわが軍人たちを刺激する故意の挑発行為を働いていることに関連して27日、挑発者らに次のように警告した。