北朝鮮の民族和解協議会(民和協)のスポークスマンは26日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射に対して、「断固たる対応を取る」と述べたことを糾弾する談話を発表した。

談話は、「不作法にもわれわれの最高の尊厳に言い掛かりをつける特大型の挑発までしながら、精神病者のように振る舞った」としながら、「これはわが軍隊と人民に対する我慢できない冒とくとして、天罰を受けるべき大逆罪」だと、朴槿恵氏を糾弾した。

その上で、「白頭山の革命強兵はわれわれの太陽にあえて影を落としてみようとのさばる青瓦台の狂った女を跡形もなく処刑する敵撃滅の意志を抱いて、青瓦台から破壊する最後命令の時刻を待っている」と威嚇した。