北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は25日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が「北の核放棄のための唯一の手段は制裁と圧迫」と述べたことに対して、非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、朴槿恵氏の主張に対して「これは精神病者の笑止千万なたわごとである」としながら「朴槿恵一味が『対北制裁効果』を唱えているのは本質上、内外の世論を欺まんして日増しに勝利に勝利を重ねる共和国のイメージをダウンさせようとする詭弁である」と非難した。

そのうえで「朴槿恵一味がいくら反共和国対決政策を固執し、『対北制裁』劇に狂奔しても、それは絶対に通じず、歴史のドブに押し込まれる悲惨な境遇を免れられないということを銘記すべきである」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 朴槿恵一味の「『対北制裁』効果」妄言は精神病者のたわごと

【平壌8月25日発朝鮮中央通信】このごろ、朴槿恵一味が折に触れ、「『対北制裁』効果」がはっきり現れているだの、「北の核放棄」のための「唯一の手段は制裁と圧迫」だの、何のとけん伝している。

25日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、これは精神病者の笑止千万なたわごとであると主張した。

論評は、今、朝鮮の軍隊と人民は自強力第一主義の旗印を高く掲げて核抑止力強化と社会主義経済建設で驚くべき奇跡を生み出し、輝かしい成果を収めていると明らかにした。

朴槿恵一味が「『対北制裁』効果」を唱えているのは本質上、内外の世論を欺まんして日増しに勝利に勝利を重ねる共和国のイメージをダウンさせようとする詭(き)弁であるとした。

朴槿恵一味の「『対北制裁』効果」妄言は、破たんに直面した反共和国対決政策を維持してみようとする極悪な断末魔のあがきにすぎないと主張した。

朴槿恵一味が完全に失敗した「対北制裁」劇の「効果」をけん伝していることこそ、反共和国制裁騒動に狂奔して内外で窮地に陥っている自分らの哀れな境遇に対して少しでも慰安を覚えようとする愚か者の無駄な身もだえであると暴露した。

論評は、朴槿恵一味がいくら反共和国対決政策を固執し、「対北制裁」劇に狂奔しても、それは絶対に通じず、歴史のドブに押し込まれる悲惨な境遇を免れられないということを銘記すべきであると強調した。

    関連記事