北朝鮮は24日午前、潜水艦発射弾道ミサイルを発射し成功させた。同日午後、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は、中部戦線の前線部隊を訪れ、「金正恩の性格が、予測が難しいという点を勘案すると、核・ミサイルの脅威が現実化する危険性が非常に高い」と述べた。

中部戦線を訪れた朴槿恵氏(韓国大統領府サイトより)
中部戦線を訪れた朴槿恵氏(韓国大統領府サイトより)

朴大統領が、金正恩党委員長の性格や独裁体制に言及しながら、北朝鮮の脅威を指摘するのは初めてである。

朴大統領は、北朝鮮の軍事的挑発に対する備えを点検しながら、「北朝鮮は年初から核実験や長距離ミサイルの発射を実行したのに続いて、最近では露骨に先制攻撃を加えると威嚇し、脅迫もはばからないでいる」と述べた。

その上で「今日の明け方も潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射したが、既に北の核とミサイルの脅威は仮想の脅威ではなく、現実的な脅威になっており、刻一刻とその脅威が近づいている」と警戒を促した。

    関連記事