北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は23日、「御用出版宣伝手段を総動員して『北の挑発説』の鼓吹に熱を上げている」と米国を糾弾する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「米国がわれわれに『挑発者』のレッテルを張り付けようと画策しているのは、自分らの侵略的なアジア太平洋支配戦略実現の名分を立てるところに根本目的がある」と指摘。

さらに、「共和国の平和愛好的な努力にもかかわらず、朝鮮半島の情勢がなかなか緩和せず、世界最大のホットスポットとして残っているようになった全責任は米国にある」と主張した。

そのうえで「完璧な核武装を備えた朝鮮との対決は、運命を賭けた危険な賭博であることを米国は銘記すべきである」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

「民主朝鮮」紙 「北の挑発説」を鼓吹する米国の目的を暴露

【平壌8月23日発朝鮮中央通信】23日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、自分らの御用出版宣伝手段を総動員して「北の挑発説」の鼓吹に熱を上げている米国を糾弾した。

論評は、国の自主権と生存権が脅かされていることに対処して取っている朝鮮の自衛的対応措置を地域の平和と安定を破壊するための「挑発的な行動」に描写しているのは、他人の家に押し入って強盗を働いている者が主人におとなしく座って見ていろと言うこと同様の破廉恥な妄言であると糾弾した。

そして、米国がわれわれに「挑発者」のレッテルを張り付けようと画策しているのは、自分らの侵略的なアジア太平洋支配戦略実現の名分を立てるところに根本目的があると主張した。

また、同地域で軍事的覇権を握ることによって、中国とロシアのような大国の挑戦を抑止し、自分らの戦略的利益を持続的に裏付けていくというのが米国の真意であると暴露した。

さらに、共和国の平和愛好的な努力にもかかわらず、朝鮮半島の情勢がなかなか緩和せず、世界最大のホットスポットとして残っているようになった全責任は米国にあるとした。

論評は、完璧(ぺき)な核武装を備えた朝鮮との対決は、運命を賭けた危険な賭博であることを米国は銘記すべきであると強調した。

    関連記事