北朝鮮の外務省の代弁人(スポークスマン)は22日、米韓合同軍事演習を糾弾する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

談話は「米国がわれわれの重なる警告にもかかわらず、南朝鮮のかいらいと結託して行う大規模の侵略的な合同軍事演習は徹頭徹尾、わが共和国に対する核先制攻撃を狙った重大な軍事的挑発であり、地域の平和と安定に対する挑戦である」と主張。

さらに「今回の軍事演習は米国が朝鮮半島とその周辺に各種の核戦略爆撃機と『THAAD』など戦略資産を引き続き引き込んで前例なく不安定になった朝鮮半島の情勢を戦争勃発の局面へ追い込む許せない犯罪行為である」と非難した。

そのうえで「米国が絶え間なく行っている侵略的な戦争演習をはじめ対朝鮮敵視策動と核脅威の要素は、わが軍隊と人民の断固かつ無慈悲な対応を免れられないであろう」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。