北朝鮮の祖国平和統一委員会の報道官(スポークスマン)は21日、22日からはじまる米韓合同軍事演習「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」を「暴悪非道な北侵核戦争挑発妄動」だと非難する声明を発表した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

声明は、「合同軍事演習が北南関係を改善し、統一を早めるためのわれわれの全民族統一大会合の措置によって熱くなった同胞の統一熱意に水を差し、『THAAD』配置反対闘争とともにさらに激しくなる反米自主の流れを阻んでみようとする最も露骨な物理的妨害であり、挑戦的な実践行動でもある」と非難。

そのうえで、「米国がメンツを保ち、自分の存在を生かすことのできる唯一の選択は、『ウルチ・フリーダム・ガーディアン』合同軍事演習のような危険極まりない北侵戦争挑発を中止し、制裁と圧迫によって何かを得てみるという荒唐無稽で白昼強盗さながらの対朝鮮敵視政策を放棄することだけである」と、合同軍事演習の中止を求めた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

祖国平和統一委の代弁人 米国・南朝鮮合同軍事演習を糾弾

【平壌8月21日発朝鮮中央通信】祖国平和統一委員会のスポークスマンは、米国と南朝鮮のかいらい好戦狂らが22日から大規模の「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」合同軍事演習を強行しようとすることに関連して21日、声明を発表した。

声明は、今回の合同軍事演習もやはり、共和国の尊厳と自主権、わが人民の生存権を侵害し、絞殺することを公然たる目標としている暴悪非道な北侵核戦争挑発妄動であるということは言うまでもないと明らかにした。

声明は、次のように強調した。

特に看過できないのは、われわれに対する不意の打撃態勢を整えた状態で強行される合同軍事演習が北南関係を改善し、統一を早めるためのわれわれの全民族統一大会合の措置によって熱くなった同胞の統一熱意に水を差し、「THAAD」配置反対闘争とともにさらに激しくなる反米自主の流れを阻んでみようとする最も露骨な物理的妨害であり、挑戦的な実践行動でもあるということである。

現事態に関連するわれわれの立場は、過去も現在もいささかも変わりがない。

この世のどこにもないわが軍隊と人民の一心団結した威力と並進の旗印を高く掲げて最先端を突破し、鋭く研ぎ澄ませてきた朝鮮式の核抑止力であらゆる敵対と侵略、挑発脅威を果敢に粉砕していくというのがわれわれの断固たる立場である。

米国がメンツを保ち、自分の存在を生かすことのできる唯一の選択は、「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」合同軍事演習のような危険極まりない北侵戦争挑発を中止し、制裁と圧迫によって何かを得てみるという荒唐無稽(けい)で白昼強盗さながらの対朝鮮敵視政策を放棄することだけである。

われわれはこの機会に、朴槿恵逆賊一味も日ごとに飛躍し、上昇一路をたどっている同族の政治的・軍事的威力と根本的に変わった地位、それによって変化している朝鮮半島の戦略的構図をはっきり見て軽挙妄動しないことを再び厳かに警告する。

    関連記事