北朝鮮の朝鮮中央通信は18日、韓国軍が同日、過去最大規模の砲撃訓練を行ったことに対し「わが軍隊と人民を激怒させている」と非難する記事を配信した。

韓国軍の訓練は、北朝鮮が昨年の軍事危機に際し、非武装地帯(DMZ)の南側、京畿道(キョンギド)漣川(ヨンチョン)に向け砲撃した事件から20日で丸1年になるのに合わせて行われ、49個の砲兵大隊、155ミリ自走砲など約300門が参加した。

同通信は、「砲兵武力を増強して火力打撃を拡大し、無人偵察機が戦場の状況をリアルタイムで確かめた後、再び打撃する方法で行われた」などと訓練の様子に言及。

その上で「無謀な軍事的挑発行為は高価な代償を払うことになる」と威嚇した。

    関連記事